風俗嬢との甘美な秘事

憧れがあったんですよね

ソープには憧れがあったんです。風俗の中でも特別と言うか、独特の存在感があると思うんです。それに、自分がここまで風俗にハマる前と言うか、大人になる前からソープという存在だけは知っていました。それくらい高い知名度があるからこそ、利用したいなって気持ちはありました。でも、大人になってからは他の風俗ばかりに没頭していました。それだけ安いからこそなんですけど、この前ようやくソープデビューを果たしてきました。どういった展開になるのか自分でも予想していないというか、ワクワクし過ぎて緊張しちゃったくらいですけど、でもそれはそれでとっても楽しい時間になりました。年齢と共に緊張するようなこともなくなってくるじゃないですか。だから緊張出来るってことだけでもある意味とっても刺激的な時間を過ごせているってことなのかもしれないなって思いましたからね。そう思えただけでも、ソープに行ってきた甲斐があるんじゃないかなって思っています。

自分だけの楽しさを見つけるんです

風俗をどれだけ楽しめるのかは、自分だけの楽しさがあるのかどうか。そしてそれを見つけられるのかどうかにかかっているんじゃないですかね。自分もそうなんですけど、割とマニアックな趣味なんです。だから風俗でしか叶えられないんですよね。その気持ちが分かっているからこそ、風俗が一番かなって気持ちがあるんです。むしろ風俗以外では難しいでしょうしね。その点では自分だけしか楽しめないことを風俗でしっかりと楽しめているんじゃないかなって思っているので、本当に貴重なサービスだなって思っているんですよ。むしろ風俗以外でそのような楽しさは追及出来ないと思うんですよ。だからこそ、風俗って本当に楽しいよなって思いますね。これはジャンルもありますけど、女の子の違いも大きいですよね。同じジャンルではあっても女の子が違うと全然違うさーびすかのように思えることもあるんです。だからこそ、風俗ってやっぱりいろんな楽しさがあるなって。